ここから本文です

実績紹介テールアルメ工法壁面材の耐衝撃性能検証実験

テールアルメ工法壁面材の耐衝撃性能検証実験
音が出ますので音量に気をつけてご覧ください。

実験の概要

実施日 2015年6月26、27日
場所 〒417-0801 静岡県富士市大渕3154
一般社団法人 日本建設機械施工協会
施工技術総合研究所内テストフィールド

目的

テールアルメ工法で施工された擁壁が、津波による漂流物や車両衝突事故で被災した場合に耐衝撃性能について問題が無いか、実構造物で検証を実施

試験内容

結果

実構造物での本実験において、壁面は軽微な損傷で安全性に問題ない健全度A、又は、損傷は発生したが、構造物の安全性は問題なく暫定使用可能なBという結果が確認できました。これにより万が一の被災時においても、テールアルメ工法コンクリート壁面は、安心してご使用いただける品質であることが実証されました。

使用した商品・工法

お問い合わせ
はこちらから

お問い合わせ