ここから本文です

シングルアンカー腹起特許 第3404315号

腹起しの向きを鉛直力に対して強軸方向へ向きを変える事で、腹起しのサイズダウンと非連続設置が可能とした工法です。

特徴

  1. 腹起のサイズダウンと非連続設置が可能で、鋼材重量が抑えられます。
  2. ボルト接続箇所が減るため、省力化・工期短縮につながります。

施工例・施設例

シングルアンカー腹起関連資料

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連カテゴリ