ここから本文です

ラクヌキ工法®特許 第3404315号

ラクヌキ工法®は、SMW工法の芯材(H形鋼)の上部だけを撤去する際、芯材を簡単に引抜くことができる工法です。

長ボルトをセットした状態

特徴

ラクヌキ工法®は、長ボルトを引抜くだけで上部の芯材を引抜くことができます。また、従来の様に、芯材をガスで切断する作業が無く、地下水が高い場合でも地山側の薬注処理が不要です。したがって、作業の容易性・迅速性により工期の短縮がはかれるとともに、安全性の面できわめて優れています。

施工例・施設例

芯材建て込み
支保工の架設
長ボルト引抜き
長ボルト引抜き後

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

関連カテゴリ